注意!リスボン空港での税金還付手続きについて

リスボン空港

ポルトガルでの買い物には通常23%のIVA(付加価値税)がかかります。旅行者は免税の特典があって、最大で購入額の16%の金額が戻ってきます。

条件は、1日の1店舗当たりの購入額が€61.35以上で、かつその商品を未使用の状態で国外に持ち出す場合。

実際にやることは難しくなくて、お店でリファウンドチェックという手続き用の書類をもらって、出国時にキャッシュ・リファウンド・カウンターで申請するというもの。カウンターはこんな感じです。

リスボン空港

ですが、、、ちょっとした落とし穴というか注意した方が良いことがありました。(特に早朝・深夜便にリスボン空港を利用する場合)

何かというと、まあ単純な話なんですがカウンター前の待ち時間が異様に長いんですね。

おそらく時間帯によるんだと思うんですが、僕が8時ごろに行った時は職員さんが1人で対応していました。それだけで十分待ち時間が長くなります。さらにはカウンターでの申請前に操作する機器の調子が悪く、1人の職員さんがカウンターと機器の間を行ったり来たりする状態。20〜30分は待たされる感じでした。

これがカウンターで申請を出す前に操作する端末です。

リスボン空港

自分が余裕を持って空港に行かなかったせいではあるんですが、フライトの出発時間に余裕がなくなってしまったので税金還付を諦めて出国することになりました。

ちなみに、カウンターで申請さえできればその後は簡単で、リファウンドチェックの会社のカウンター前に並んで返金申請をするだけ。

リスボンの空港にはplanet社とGlobal Blue社のカウンターがありました。

これがplanet社。

リスボン空港

planet社だと購入店でこんなものをもらうはずです。カウンターでこれを出すだけ。

リスボン空港

こちらがGlobal Blue社です。

リスボン空港

税金還付手続きをする時は十分に余裕を持って空港に到着してください!

■おすすめの海外旅行用リンク

航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
自分が海外旅行に行くときに必ず使う航空券検索サイトです。複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝しています。

ホテル:Booking.com (こちらのリンクから予約すると2,000円分のキャッシュバックあり)
最近はホテル予約サイト間の価格差はほとんどなくなって来ました。サイトの使いやすさでいうと、このBooking.comが優れている印象です。特にアプリでの旅程管理が便利です。

旅行全般:エクスペディア(Expedia)
航空券からホテル、レンタカーまで幅広く手配可能です。航空券はスカイスキャナー等でエクスペディアより安いものが出ることがあります。ホテルはどのサイトでも最低価格が同じになることが多いので、航空券も最安で取れるならホテル・レンタカーなど複数の予約をエクスペディアでまとめておくと管理が楽です。

■お役立ちアプリ
海外旅行に必須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

■その他 国内外の旅行記ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。