ビクトリアの滝にいくなら必須!KAZA VISAの取り方

ビクトリアの滝

ザンビアとジンバブエの国境にあるビクトリアの滝を訪れる時に便利な「KAZA VISA(カザビザ)」の紹介です。「UNIVISA(ユニビザ)」と呼ばれることもありますが、全く同じビザです。

KAZA VISA(カザビザ)とは?

カザビザ

ザンビアとジンバブエの共通査証のことで、利用開始から30日間有効です。有効期間中は入出国の回数制限なし。取得には50ドル必要です。

どこで取れるのか?

ザンビアとジンバブエの各所でアライバルビザが取れるようです。米ドルは日本で準備して持って行った方が良いと思います。

【ザンビア側】

  • ハリー・ムワンガ・ナンブラ国際空港(リビングストン / Harry Mwaanga)
  • ビクトリアの滝の入国管理事務所
  • カズングラの入国管理事務所(ボツワナとの国境 / Kazungula)
  • ルサカ国際空港(Kenneth Kaunda Airport)

【ジンバブエ側】

  • ビクトリアフォールズ空港
  • ビクトリアの滝の入国管理事務所
  • カズングラの入国管理事務所(ボツワナとの国境 / Kazungula)
  • ハラレ空港(Harare)

※日本で事前に申請することはできません。

別々に取るよりお得なの?

ジンバブエとザンビアのビザはそれぞれ以下のようなタイプがあります。どれを組み合わせるにしてもカザビザの方が安くなりますね。

ザンビア

シングル(日本で申請) 6,200円
マルチプル(日本で申請) 8,500円
ワンデイ(アライバル) 20ドル
シングル(アライバル) 50ドル
マルチプル(アライバル) 80ドル

ジンバブエ

シングル(アライバル) 30ドル
ダブル(アライバル) 45ドル
マルチプル(アライバル) 55ドル

ザンビアとジンバブエの片方しか行かない場合はカザビザより安いビザもありますが、もしビクトリアの滝に行くのならカザビザを使ってもう片方の国の側の滝にも足を運んでみると面白いのではないでしょうか。

参考情報

このカザビザですが、将来的にはKAZAの国(アンゴラ、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビア)を含む15カ国で共通のビザ(UNIVISA)を発行していく構想があるみたいです。これは楽しみですね。

カザビザ

こちらも参考までに、カザビザの取得が可能な国の一覧です。中国や台湾は入っていないのでご注意ください。自分は日本在住の台湾の人と一緒にアフリカ旅行をしたのですが、それぞれの国で事前にビザ取得しないといけなくて相当大変そうでした。

カザビザ

公式サイト(英語)

役に立ったよという方は、こちらクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

■おすすめの海外旅行用リンク

航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。

ホテル:Booking.com (こちらから予約で2,000円のキャッシュバックあり)
サイトの使いやすさでいうと、このBooking.comが優れている印象です。特にアプリでの旅程管理が便利です。

■お役立ちアプリ
海外旅行に必須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

■その他 国内外の旅行記ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。