ドーハ市内観光ツアー参加の注意点と路線バスの24時間パスについて

dohacity

ドーハでの乗り継ぎをするときに楽しめるドーハ市内観光ツアーに関する注意点と体験談をまとめました。よろしければご参考にしてください!


GWにヨルダン旅行に行ったときにカタール航空でドーハを経由するルートを選びました。他にもエミレーツでドバイ経由のルートもあったんですが、ドーハは行ったことがなかったので半日は市内観光できるように夕方にドーハ着、深夜にドーハ発のフライトを予約しました。

ドーハといえば、こちらのドーハ市内観光ツアーが有名ですよね。トランジットの数時間の間にドーハの観光スポットの主要どころを周るツアーです。

お乗り継ぎ時間でドーハをお楽しみください。
ドーハ市内観光ツアーで、お乗り継ぎ時間を有効にそしてドーハの街、文化を体験しませんか。

ザ・パール・カタール(高級ショップやレストラン)、カターラ・カルチュラル・ヴィレッジ(カタールの芸術と伝統を称える文化的ホットスポット)、スーク・ワキーフ(伝統的な宝石、香辛料、手工芸品)、イスラム美術館(素晴らしい建築作品と海に面した美しい公園)の4大ランドマークを訪れましょう。

こちら、以前までは無料でしたが、最近になって有料化されたようです。1人40カタール・リヤル=1200円くらい。とはいえ、ドーハの主要どころを回れるツアーとしてはかなりお得な感じがします。1日に6回ツアーが開催されています。

  • ツアーに参加できるのは、6時間以上の乗り継ぎ時間があり、有効なパスポートおよびこれ以降の旅に必要な搭乗券をお持ちの旅客様です(ツアーには定員あり)。
  • ツアーは定員になり次第締め切らせていただきます。
  • お支払いはクレジットカード、国際デビットカードのみ承ります。
  • ツアーはツアー開始48時間前までオンラインからのお申し込みが可能です。詳細はこちら。
  • ツアーはハマド国際空港トランジットエリア内、Discover Qatar Transit ツアーデスクでも申し込みは可能です。当ツアーデスクは、Bコンコース、Mont BlancショップとWH Smithショップの間にあります。ツアー開始90分前までの受付です。
  • ツアー開始、終了時刻、また場所の変更は一切できませんので予めご了承ください。
  • 各ツアーの最大催行人数は46名までです。
  • ツアー時間は約2時間を予定しています。Discover Qatar、カタール航空はお乗り継ぎ便へのお客様の遅延につきましては免責とさせていただきます。
  • 追加のご利用規約が適用されます。ドーハシティツアーのスタッフにお問い合わせのうえ、参加資格をご確認ください。

当然、今回の旅行でも参加しようと思っていたんですが、うっかりミスをしてしまい参加できませんでした。なぜかというと・・ツアーの参加申し込みは下に書いてあるようにトランジットエリア内のツアーデスクで行うことを知らず、ヨルダン→ドーハ便が到着したときに普通に入国ゲートを抜けてしまったんですね。

ツアーはハマド国際空港トランジットエリア内、Discover Qatar Transit ツアーデスクでも申し込みは可能です。当ツアーデスクは、Bコンコース、Mont BlancショップとWH Smithショップの間にあります。ツアー開始90分前までの受付です。

入国ゲートをくぐるとトランジットエリアには戻れませんので、泣く泣くツアー参加を諦めることになりました。とは言えトランジットで6時間ほど時間があったので、自力で市内観光しようとバス乗り場へ。この777というバスが Pearl Qatarやイスラム美術館、スーク・ワキーフにとまるようです。このバスを使えば、カタール航空のツアーを使わなくても同じルートを周ることができますね。

バスの外観はこんな感じ。

そしてこのバスは24時間パスなるものを販売しています。24時間で20カタール・リアル。ということは、市内観光ツアーの半額。日本円で600円くらいの差なので、まあ正直なところ市内観光ツアーの方が楽でいいとは思いますが、お金のないバックパッカーや、ツアーよりもゆっくり過ごしたい方にはおすすめです。

バスから見た市内の景色はこんな感じ。さすがカタール。オイルマネーで高層ビルがボンボン立ってますね。街はきれいで治安も良さそうです。

空港から市内までまっすぐな道をひたすら走ります。

スーク・ワキーフの様子。イスラム圏っぽさたっぷりです。

トランジットで立ち寄っている外国人旅行者が大勢。

ちょっとした脇道も絵になります。
きれいにライトアップされた建物がチラホラ。 

そして、イスラム美術館前からの夜景はこんな感じ。

来た時と同じで777のバスで空港まで帰ります。

カタール航空の市内観光ツアーに参加しそびれた時は焦りましたが、バスの24時間パスを使って、ツアー以上に市内観光を満喫できたような気がします。

もし、トランジット時間が長めで自分で市内観光をして見たい方はバスのパスを使うというのがおすすめです。


■おすすめの海外旅行用リンク

航空券:スカイスキャナー
ホテル:Booking.com (こちらのリンクから予約すると2,000円分のキャッシュバックあり)

■お役立ちアプリ

行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

■その他

国内外の旅行記ブログはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください